艶つや習慣プラス 首イボ悪性 首イボ遺伝

気になる!首イボの遺伝性や悪性かの見分け方!

 

 

首にできてしまう、気になるブツブツ。

 

調べてみると、「加齢によってできる首イボ」
という事が多く出てくるけど、
これが悪性の腫瘍だったらどうしよう!?

 

 

そもそも、この首イボって遺伝するものなの?

 

と、色々な心配や疑問が浮かぶかと思います。

 

 

 

そこで、今回は首イボが遺伝によるものなのか、
そして悪性か良性かの見分け方を調べてみました。ご覧ください。

 

 

 

首イボって、遺伝しちゃうものなの?

 

 

さて、首イボが遺伝するか?という疑問にお答えします。

 

 

首イボの原因やメカニズム、
遺伝に関しては、実はまだ解明されていないことが多いのです。

 

 

遺伝性も、絶対にありえないとは言い切れませんが、
科学的なレベルで証明されていないのが今の段階になっています。

 

 

ですので、答えを言いますと、

 

「遺伝かどうかはわからないけれど、
親御さんも首イボが多かったら注意して予防するに越した事はない」

 

というくらいの事しか言えないのです。

 

 

仮に、親御さんやご家族が首イボがある場合は、
自分もできるかもしれないと考えるレベル!!

 

にとどめておくのがいいかもしれませんね。

 

 

 

 

良性?悪性?首イボの性質の見分け方!

 

 

次は、首イボが良性なのか悪性なのかを見極める方法をご紹介します。

 

 

首イボが一番見分けやすくなるのは、大きくなってからになります。

 

 

良性のものは、色が変わらずにそのまま丸く大きくなっていくのが特徴で、
悪性のものは、色が変わったり、皮膚が溶けているような症状が出てきます。

 

 

ですが、大きくなるという事は、
症状が重くなっている!という事になってしまいます。

 

 

できることなら、首イボが小さいうちに、
早期の見極めをするのが望ましいです。

 

 

では、早く見極める方法はどうすればいいのか?

 

 

注意するべきポイントは、

 

 

・色が変わっていくかどうか?

 

・周りにある首イボと合併してしまうか?

 

 

この2点になります。

 

 

 

悪性のイボは、無色透明から、
少しずつ色を変えて、赤や茶色に近くなっていくのが特徴です。

 

そして、黒く変色してしまっている場合は、
皮膚がんの可能性も持っているので、

 

途中から変色してきた場合は、
医師の診察を受けることをおすすめします。

 

 

 

そして、次に気にするべきポイントは、
イボが合併していくのかどうか、という点です。

 

 

良性のイボは、単独で大きくなるので、
イボが合併して大きくなったりしている場合は、気にするべきポイントになります。

 

 

これに合わせて、じょじょに色が変わるようなら、
医師の診察にかかるべき症状と言っていいでしょう。

 

 

 

首イボが良性の場合の対策法!

 

 

さて、ここまでをご紹介して、「自分の首イボは良性みたい!良かった!」

 

とお思いの方が次に考えるべきなのは、首イボの対処法でしょう。

 

 

良性とわかっても、
やはり見た目や感触が気になる事は多いかと思います。

 

 

そこで、オススメするのは、
首イボに効くというヨクイニン(ハトムギエキス)を
たっぷり含んだ美容商品をケアに使うことです。

 

 

ヨクイニン(ハトムギエキス)には、
肌の代謝を高めて、新しい皮膚を作る働きがあります。

 

 

代謝を良くすることで、
首イボを取り去ろうという方法ですね。

 

 

ヨクイニンは、錠剤が売っていたり、
角質ケア系の美容商品に入っているので、成分に注目してみてはいかがでしょうか?

 

      

 

首イボケア第1位コスメはこれ!