艶つや習慣プラス 首イボかさぶた首イボカソーダ

かさぶたになって取れる?カソーダの首イボ効果と、リスクを考える

 

 

30代を越したくらいから、なんだか首イボが気になってきた・・・

 

そんな方がけっこう多くいるかと思います。

 

 

海外の製品である「カソーダ」という商品も
お話を聞いたことがある人もいるかと思います。

 

 

このカソーダは、本当に効き目があるのでしょうか?

 

そして、身体に影響はないのでしょうか?

 

 

まずは、カソーダについて、知るところから始めてみましょう。

 

 

カソーダとはどんなものなの?

 

 

カソーダ(CASODA)とは、シミやほくろなどを、
かさぶたを剥がすように取ってしまうという商品です。

 

原料は、ひまし油と重曹を混ぜたものになっています。

 

 

カソーダを首イボなどにぬり続けると、
かさぶたみたいな状態になったあとに剥がれ落ちて、
イボが取れるという治り方になっています。

 

 

カソーダが強アルカリ性のクリームなので、
弱酸性の肌の表面を溶かして取り除くというわけですね。

 

 

とても有効な方法に思えるカソーダですが、
注意するべきポイントがあります。

 

それは、強アルカリ性という事です。

 

 

刺激が強いカソーダは、使い方を間違えたり、
肌が弱い人が使ってしまうと、
肌が荒れたりしてしまう原因になりかねません。

 

 

カソーダを使った場所は、皮膚が弱い状態になるので、
いつも以上にしっかりとケアして保護をしなければいけません。

 

とても強力な成分なので、
肌トラブルを新たに引き起こさないために、慎重に使っていくべきだと思います。

 

 

 

 

リスクのない首イボケア方法って無いの?

 

では、カソーダが強すぎて使えない!
という方や、肌のダメージを気にする方には、
どんな方法が一番向いているのでしょうか?

 

 

一番おすすめしたいのは、ヨクイニンという成分です。

 

 

ヨクイニンは、ハトムギからとれる成分で、
新陳代謝を促してくれる「コイクセラノイド」、

 

しわを防止して、ニキビを減らしてくれる「パルミチン酸」、
細胞膜を保護してくれる「ミリスチン酸」などが入っています。

 

 

結果的に申し上げますと、
肌の生まれ変わり(ターンオーバー)にとても有効な役割を持っていて、
身体にも無害な成分になっています。

 

 

ヨクイニンは、数ヶ月継続して使う必要はありますが、
ゆっくり効いてくれるので、リスクを負うことなく、
首イボを退治することができる有効な成分になっています。

 

 

 

ヨクイニンは、何からとればいいの?

 

 

 

ヨクイニンは、
主に角質ケアの美容商品や、サプリメントが販売されています。

 

 

ハトムギエキスとも表記されることがありますので、検索をかける際は
ハトムギエキスやヨクイニンという名前で探してみるといいかと思います。

 

 

即効性はありませんが、肌にやさしくケアが出来るヨクイニン。

 

ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

 

       

 

ハトムギエキス配合コスメ1位はこれ!